ブログを長続きできない理由とその対策

iPad
スポンサーリンク

なぜ、ブログを長続きさせることができないのか?

このブログを書いているkinokazuです。

これまでブログを何本か立ち上げましたが長続きしませんでした。
性懲りもなくまた始めます。
というのがこのkinokazu.comです。

これまでブログを続けられなかった理由を考えると、
いわゆるブログのセオリーにとらわれていたからだと思います。
セオリーというのは「理論」という意味ですね。
いわゆる「ブログの書き方」入門のような本に書かれていることです。
どんなことが書いてあるかというと
ターゲットを決めよう。
ワンテーマにしよう。
好きなことを書こう。仕事にしよう。
毎日書こう。
あるいは中身の濃い文字数の多い記事をじっくり書こう。
などなど。
どれも正しいと思いますが、それらを全部叶えようとすると
無理が生じて続けられなくなります。

インプットとアウトプットの間にある大切なこと

ちょっと話は変わりますが、書店などに行くと
インプットに関する本やアウトプットをしようといった本が並んでいます。
インプットとアウトプットは大切ですが、
もっと大切なのはインプットとアウトプットの間にある「いかに消化するか」です。
「いかに消化するか」とは「インプットしたものを自分なりに選択する」あるいは「インプットしたものを自分の言葉で語れるようにする」ということです。
そうしないとアウトプットできません。
消化せずにアウトプットするとコピペになります。

インプットを自分なり消化する

話は戻って、これまで「ブログの書き方」入門のような本を読んでいた僕は消化不良を起こしていました、と気づいたのです。
自分なりに消化できていない。
自分の言葉として捉えきれていない。
今回はそういうのはやめようということにしました。

kinokazux.comは、
「僕が興味があることを記事にする」をテーマにします。(←これがワンテーマです)
ターゲットは自分(僕)です。(←僕の興味に関心を持ってくれた人たちがターゲットです)
興味があることを書くので当然、好きなことを書きます。
毎日書くことをめざします。
ただし、毎日は必須ではありません。
時には中身を濃くするため時間をかけて記事を書きます。

このブログの裏テーマは「自分なりに消化して書く」ということです。
なんか当たり前のことですが、なかなか難しいことであり、だから「書く」ことは面白いのだと思います。

まとめ

インプットとアウトプットは大切。
もっと大切なのはインプットをいかに消化するか。
消化とは「インプットしたものを自分なりに選択する」あるいは「インプットしたものを自分の言葉で語れるようにする」ということ。
自分なりに消化するからこそ「書く」ことは楽しい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました