KindleUnlimitedは得か?図書館として利用する。

読書

みなさん、月額980 かかるKindleUnlimitedは得でしょうか?

それとも損?

得と損の分岐点は1ヶ月数冊、必ず、KindleUnlimitedで電子書籍を読み、

それらの購入金額の合計が980円を超える場合です。

スポンサーリンク

趣味にあった電子書籍を読みたい人は、いつか損になるかも

例えば、BLをテーマにしたコミックを読みたいからKindleUnlimitedにしたというような人の場合。

最初のうちはお金を気にせず何冊も好きな本を読み続けられます。

でも、やがて、ほとんどのBLテーマ本を読み終えてしまいます。

そうすると読む本がありません。

KindleUnlimitedには100万冊以上の本があるので

特定の本だけ新刊がバンバン追加されることがありません。

読む本がなくなると毎月980円分、電子書籍を読まなくなります。

そうするとKindleUnlimitedて高いよね、損だよねとなります。

暇つぶしに雑誌も書籍もなんでも読みたい人はお得

一方、雑誌も読みたい、書籍も読みたい、暇なときにはサクサク読みたいという人にはKindleUnlimitedはおすすめです。雑誌は毎週、毎月、新しいものが追加されます。(ただし、最新刊ではありません。少し前に紙で出版されたものがアップされます)

また、近くに本屋さんがない人などはKindleUnlimitedがあると立ち読み感覚でいろいろな本に目を通せるのでおすすめです。

KindleUnlimitedを図書館として利用する

ボクは36524時間利用できる図書館としてKindleUnlimitedを活用しています。

もちろん、個人的な読書としてコミックを読んだり、小説を読んだりする時もあります。

それに加えて仕事で資料を探すときにWEB検索の次に利用するのがKindleUnlimitedです。

料理の資料を探していれば出版社が電子書籍化した料理本が読めますし、アプリのプログラムを勉強したければやはり出版社が電子書籍化した入門書に目を通すことができます。

こういった本は11000円、2000円するものがほとんどなので、ビジネスの資料探しに図書館がわりにKindleUnlimitedを利用すると月額980円は全然高くありません。

ボクは、まず、WEB検索で資料をさがし、次にKindleUnlimitedを使って専門書などに目を通し、もっと幅広く、あるいは深く知りたいときは図書館を利用し、最新の情報を手に入れたいときは書店で購入する、という方法をとっています。

まとめ

  • 趣味にあった電子書籍を読みたい人は、いつか損になるかも
  • 暇つぶしに雑誌も書籍もなんでも読みたい人はお得
  • KindleUnlimitedを図書館として利用する

コメント

タイトルとURLをコピーしました