文章をスラスラと書くために文章の構造を学ぶ

ライティング
スポンサーリンク

何を書くかで使い分ける必要がある文章の構造

文章の構造について、知っているつもりでしたが、

ちょっと調べてみたら色々な種類と名称があることを知りました。

ビジネス文書を書くのか?ブログの記事を書くのか?

それとも小説や脚本を書くのか?などで

使うべき文章の構造は変わってきます。

王道は「起承転結」だと思っていたのに・・・

文章構造の王道は「起承転結」だと思っていました。

起承転結とは、「起」は物語の始まり、「承」は物語の続き、「転」は大きな展開の発生、「結」は結果(オチなど)という文章構造です。

学校で習いませんでしたか?

作文を書くときなど、起承転結で考えましょうと。

でも、ネットでちょっと調べたら、

起承転結は論理的ではないとか、

海外では起承転結はほぼ認知されていないとか、

文章構造の王道と思っていた「起承転結」の人気のなさに驚きました。

ただし、小説や映画、4コマ漫画などの物語には

「起承転結」の文章構造はむいているようです。

結論からはいる三段構成、SDS法

三段構成は、序論、本論、結論の3つのパートに分かれた文章構造です。

序論ではあらかじめ討した内容をおおまかにまとめて書きます。

自分の主張をあらかじめ示しておき、本論で詳細に語り結論へと進みます。

論文などによくみられる文章構造です。

SDS法という文章構造もありますが、三段構成とほぼ同じです。

SDSとは「Summary、Details、Summary」の略です。

最初に要約(Summary)

次に詳細な説明(Details)

最後にまとめ(Summary)

という構造です。

プレゼンするための企画書などにこのタイプが見られます。

わかりやすさやストーリー性を強調できるPREP法

PREP法とは「Point、Reason、Example、Point」のそれぞれの頭文字をとったものです。

まず、結論(Point)

次に理由(Reason)、

具体的な例(Example)、

最後にまとめ(Point)

という構成です。

結論を先に持ってくるという点ではSDS法と同じですが、
理由や具体例のパートがあるのでSDS法よりは
分かりやすさやストーリー性を強調できます。

じぶんが書く文章のフォーマットにあった文章構造を採用する

以上のことから、

起承転結は小説や脚本など文章の創作活動に

三段構成は論文に

SDS法は企画書に

PREP法は分かりやすさやストーリー性を強調するときに

というようにじぶんが書く文章のフォーマットにあった

文章の構造を採用するようにしましょう。

まとめ

  • 何を書くかで使い分ける必要がある文章の構造
  • 王道は「起承転結」だと思っていたのに・・・
  • 結論からはいる三段構成、SDS法
  • わかりやすさやストーリー性を強調できるPREP法
  • じぶんが書く文章のフォーマットにあった文章構造を採用する

コメント

タイトルとURLをコピーしました