文章力を高める読書の仕方

読書
スポンサーリンク

ご存知ですか?読書は意外と文章力を高めます。

文章を書く力を高める方法の一つして読書があります。

それも漠然と本を読むのではなく、たとえば、文章の構造を感がて読むというのも文章力スキルを高める方法です。

今日のテーマは「文章力を高める読書の仕方」です。

文章の善し悪しは見た目にはわからない。

まず、読書とはページを開き、文字を1つずつ目で追う作業です。

そのため、本をパッと開いて文章が目に入ってきてもフツーの人は文章の善し悪しを判断できません。

たとえば、

Aという本を開いたページの文章と、

Bという本を開いたページの文章を

パッと見比べてもどちらが優れているかわからないと思います。

フォトリーディングなど習得している人はパッとみて意味がわかるのかもしれません。

ここではそういった特殊な能力を持っていない人を前提に話を進めます。

当たり前のことですが、文章の善し悪しは文字を目で追って意味を理解し初めてわかるということです。

つまり、文章の善し悪しはパッと見では判断がつかないのです。

文章の構造は見ることができない。

「文章の善し悪しはパッと見では判断がつかない」を言い換えると、

文章の善し悪しは視覚的には見えない構造になっているといえます。

でも、文章にはパッと見にはわかりませんが、明らかに構造があります。

例えば、「起承転結」がその1つです。

「起承転結」は小説や脚本、漫画などのストーリーに使われる文章の構造です。

あるいは「SDS法」という文章の構造もあります。

これは「最初に要約(Summary)」「次に詳細な説明(Details)」「最後にまとめ(Summary)」という文章の構造です。

SDS法は、プレゼンテーションで使用する企画書やビジネス文書、レポートなどによく見られる文章構造です。

文章を読んでいても「ここが起だよ」とか「ここからSDSのSです」と印が付いているわけではないので構造は見えません。

文章の構造は上記以外にもありますが、ここではこの二つだけにしておきます。

ここで伝えたいことは、読書をしながら文章の構造を知るにはあらかじめ文章の構造パターンを知っておく必要があるということです。

文章の見えない構造をチャートなどで可視化する。

読書をする前に知っておくべき文章の構造を、は以下のようなチャートに表してみました。

文章の大きな目的は「伝える」と「動かす」です。

情報を正しく伝えることを目的とした文章もあれば、

心や欲を動かすための文章もあります。

伝える文章の代表は、ビジネス文書、新聞の記事などです。

心を動かす文章は小説、脚本、詩、歌詞などです。

欲を動かす文章はキャッチコピーやセールスコピーなどです。

可視化して文章構造を理解しておけば、読書の時に役立つ。

このようにおおまかに文章の構造を理解しておけば、

読書をしているときに、「これは〇〇法という文章構造のパターンだな」と判断できます。

読書をすることで文章構造のパターン例をたくさん知っておけば、文章を書くときにそのパターン例を思い出して書けますのでじぶんの文章力をたかめることができます。

まとめ

  • ご存知ですか?読書は意外と文章力を高めます。
  • 文章の善し悪しは見た目にはわからない。
  • 文章の構造は見ることができない。
  • 文章の見えない構造をチャートなどで可視化する。
  • 視化して文章構造を理解しておけば、読書の時に役立つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました