読書のとき、紙の本のハイライトはスマホで。

ハック
スポンサーリンク

みなさん、紙の本のマーキングはどうしていますか?

Kindleで電子書籍をよむとき、

ハイライト機能をつかって文章にマーキングできます。

こんな感じです。

では、紙の本のとき、あなたはどうやってマーキングしていますか?

1:ペンで線を書き込む
2:ふせんを貼る

などが一般的ではないでしょうか?

今日は新しい紙の本のマーキングとして「スマホで撮影する」やり方をご紹介します。

ペンでマーキングするデメリット

・・と、その前にペンを使って本に線などを直接書き込むマーキングについてデメリットをあげておきます。

デメリットは

  • 本が汚くなる
  • ブックオフなどに売れなくなる

です。

直接、本に書き込むことに抵抗を感じる人は少なくありません。

書き込むことで本としての価値がさがり、中古品として流通させる再利用することもできません。

つまり、直接書き込むやり方はエコではないのです。

ふせんを貼るマーキングのデメリット

こちらのは

直接書き込むより本を汚さない、痛めないというメリットがあります。

デメリットは

  • ふせん代がかかる
  • あとではがす手間がかかる

があげられます。

本から貼ったふせんが飛び出すので読み終わった後、

本棚などに並べにくいのではがすことになります。

これが結構、面倒な時があります。

はがしたふせんはもう使えないのでお金がかかりますね。

スマホで撮影してマーキングすると便利・エコ・経済的

そこで、オススメしたいのが

マーキングしたいページ全体をスマホで撮影することです。

例えば、iPhoneで1ページごと撮影しておけば、

iPadでもMacでも撮影したページの画像を写真スフトで共有・確認できます。

Macで原稿を書いていて文章を引用したいときに

画像を開いてページを見ながら文章をタイプできます。

これならエコですし、お金もかかりません、経済的です。

画像データでマーキングを残すこともできます。

まとめ

  • みなさん、紙の本のマーキングはどうしていますか?
  • ペンでマーキングするデメリット
  • ふせんを貼るマーキングのデメリット
  • スマホで撮影してマーキングすると便利・エコ・経済的

コメント

タイトルとURLをコピーしました