疲れてブログが書けない時の対策のまとめ

ライティング
スポンサーリンク

記事が書けないとき、みなさん、どうしてますか?

今日は疲れたので記事が書けない・・。

いや、書きたくない・・。

キーボード叩くのやめて、寝たい・・・。

でも、それも悔しい・・。

そこで、今日はみなさんがどういう風に対処しているか調べてみました。

対策1:休む

WEBで検索すると「疲れたら休んでオッケイ」という意見が。

書けない時は「読書、スキル取得、人と会って話す」ことだそうです。

つまり、休んでインプットしょうという対策です。

参考させていただいたブログ:

【疲労】ブログに疲れたら休んでオッケイ【僕の失敗を公開しますね】
「ブログに疲れた…。 最近はブログを頑張ってるけど、、、かなり疲れました。記事を書くのって、こんなに大変なんですね…。でも、継続が大切と聞くし、頑張るしかないですよね…。」←こういった疑問に答えます。本記事の内容:1.ブログに疲れているなら、少し休むのもありです/2.ブログに疲れた人がやるべきこと/3.ブログに疲れたか...

対策2:妄想で疲れを吹き飛ばす

疲れたから書けない・・という以前に、

ブログを書いても、収益化できるビジョンがない

のが理由というケースが考えられます。

ブログを書く→収益がある という公式が成り立っていれば

疲れていても書くはずです。

こういうときは、妄想でもいいから「ブログの記事をかけばお金がザクザク入ってくる」とか「夢が実現できる」と強く思うことです。

参考させていただいたブログ:https://koukilife.com/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0%E9%81%8B%E5%96%B6/2763/

対策3:ともかく書き出してみる。

「疲れたから書けない」とつぶやいている暇があったら

キーボードに向かって、現状をレポートする感じで文字にしましょう。

例えば、

今日は疲れたので記事が書けない・・。

そうです。

これは、この記事の冒頭の1行です。

それで、ここまで書いてきました。

書けないときは、じぶんをドキュメントするように書く、という手があります。

まとめ

  • 記事が書けないとき、みなさん、どうしてますか?
  • 対策1:休む
  • 対策2:妄想で疲れを吹き飛ばす
  • 対策3:ともかく書き出してみる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました