欲を動かす文章?心を動かす文章?事実を伝える文章?

ライティング
スポンサーリンク

自分が書く文章の種類を知ろう

文章を書くとき、自分がどんなタイプの文章を書くのか、

事前に知っていることがライティングの基本です。

例えば

小説や詩など文学的な文章は15種類

記事やメールなど説明的な文章は28種類あるそうです。

参考URL:http://www.ondoku.sakura.ne.jp/semebunnsyounosyurui.html

説明的な商品の説明書の原稿として詩を提出してしまった!

というようなミスマッチは起こらないと思いますが、

そんな混乱を起こしてもおかしくないくらい文章の種類はたくさんあります。

今回は、我流ですが、たくさんある文章の種類をザックリとシンプルにまとめなおしました。

文章の種類は大きく分けると2つ

ひとつは「伝える文章」です。

もうひとつは「動かす文章」です。

伝える文章は「情報」を伝えます。

ビジネス文書やプレスリリーが伝える文章になります。

動かす文章は「心を動かす文章」と「欲を動かす文章」にわけることができます。

心を動かす文章は、小説、脚本、詩のほか、心を揺さぶられる記事などです。

欲を動かす文章は、知識欲、購買意欲、向上心、金銭欲、願望などを刺激します。

例えば、

アフィリエイトのブログなら購買意欲を刺激する記事になります。

一般的なブログなら知識欲を刺激します。

自分が書くべき文章の種類をしって書こう

伝える文章、動かす文章、という

文章の種類分けは、文章で読み手と

どのようなコミュニケーションをとりたいか、

で分けた文章の種類です。

自分の文章の種類を知り、書くことで

読者に満足してもらえる文章を書くことができます。

まとめ

  • 自分が書く文章の種類を知ろう
  • 文章の種類は大きく分けると2つ
  • 自分が書くべき文章の種類をしって書こう

コメント

タイトルとURLをコピーしました