0→1のヒラメキ文章とは

ライティング
スポンサーリンク

0→1のヒラメキ文章を生み出す方法

0→1のヒラメキ発想は、文章を書くテーマをきめるときや

キャッチコピーを考える時などに役立ちます。

今日は、0→1のヒラメキ文章を生み出す方法についてご紹介します。

待つ

時間があればヒラメキを待ちましょう。降りてくるのを待ちましょう。

メリット

純粋な直感によるヒラメキなので他を寄せ付けないオリジナリティの高い説得力のあるアイデアまたは文章を手に入れられません。

デメリット

コントロールできないことです。ヒラメキが訪れるまでの時間を予測できません。待っていてもヒラメキが来ない場合があります。

ゲンを担ぐ

例えば、以前、ヒラメキが訪れた時と同じ行動をとるというゲンの担ぎ方があります。お茶を飲む、机の上を片付ける、お気に入りの音楽を聴く、勝負ぱんつをはく、など。

メリット

ゲンを担ぐ行為は書くという作業前の行為なので、心の準備をするという意味で一定の効果が期待できます。ただし、科学的根拠はない。

デメリット

ゲンを担ぐことにこだわりすぎると、上手くいかなかった時のダメージがおおきい。

寝る

頭が疲れているとヒラメキは起こりません。たっぷり睡眠をとり頭をリフレッシュさせてヒラメキの発動率を高めましょう。

メリット

Googleなどマインドフルネスの一環としてパワーナップ(短い昼寝)を取り入れている企業もあり、効果が期待できます。

デメリット

昼寝の時間を取りすぎると夜、眠れなくなるなど生活リズムを狂わせる可能性があります。昼寝をしていると仕事をサボっていると思われるデメリットがあります。

インプットする

ヒラメキが起こらないのはガス欠の可能性があります。ヒラメキのガソリンとして、さまざまな情報をインプットしましょう。読書、人と話すなど心掛けて、0→1のヒラメキを待ちましょう。

メリット

待つ、ゲンを担ぐ、寝るよりは堅実なやり方です。インプットを高め、情報量を増やすことで、Aという情報とBという情報がくっついて、まったく新しいXというアイデアが生まれる可能性があります。

デメリット

インプットにはお金と時間がかかります。待つ、ゲンを担ぐ、寝るよりもコスパが悪いといえます。

まとめ

  • 0→1のヒラメキ文章を生み出す方法
  • 待つ
  • ゲンを担ぐ
  • 寝る
  • インプットする

コメント

タイトルとURLをコピーしました