会話の文章術は、強力な武器〈ツール〉になる

ライティング
スポンサーリンク

「文章術」とおなじくらい「会話術」も必要です

具体的には書けませんが、今日、あった出来事から

ふっと「会話の文章術」ってなぜないのだろう?と思いました。

amazonで「会話の文章術」や「会話術」を検索しても

ほとんどヒットしません。

「文章術」で検索するとたくさんヒットするのに・・・。

メールやSNSなどで文章を書く機会は増えているので

確かに「文章術」は必要ですね。

でも、「会話術」や「会話の文章術」のようなスキルも絶対必要だと思います。

「会話の言葉」は「文章の言葉」よりも反応スピードが早い

会話の言葉は主語を省略したり、論理的でなかったり、

文章の言葉よりもルーズでラフでクオリティが低く感じられます。

また、文章なら書いたことがログ(履歴)として残せますが、

会話の言葉は喋った瞬間から消えてしまいます。

(録音でもすれば別ですけど・・・)

でも、会話の言葉が優れているのはスピードです。

目の前の人に話した言葉の反応が、数秒で帰ってきます。

文章だと反応が返ってくるまで数時間、数日間もかかる時があります。

だから、何かを伝えたい、事態を動かしたい、というときは

メールでのやりとりをやめて、相手にあって会話するというのが1つの手段です。

「会話の言葉」だからできるダイナミックなコミュニケーション

こんなことがありました。

ある人とメールのやりとりをしていて、

相手が(嘘をついていないとしても)

本当のことを書いていないと感じたので直接、

話すことにしました。

その人に電話したのです。

電話で話していると、やはり、彼は真実を語っていないことがわかりました。

話の流れから彼が告白したのです。

つまり、約束を破っていたのです。

その結果、こちらが損害を負う可能性が出てきました。

仕事上のことなので、その後、電話で熱くもめました。

でも、本音をぶつけあったので

最終的に折り合いがつき、仲直りしました。

こういったダイナミックなコミュニケーションは

文章の言葉では真似できないことです。

文章の言葉を学ぶのと同じくらい会話の言葉学ぼう

世の中なは「文章術」にばかり注目していますが

「会話術」にも注目しスキルをみがくことで

夢を実現したり、トラブルを乗り越えたる

チャンスを引き寄せることができます。

会話の文章術を身につければ強力な武器ツールになります。

まとめ

  • 「文章術」とおなじくらい「会話術」も必要です
  • 「会話の言葉」は「文章の言葉」よりも反応スピードが早い
  • 「会話の言葉」だからできるダイナミックなコミュニケーション
  • 文章の言葉を学ぶのと同じくらい会話の言葉を学ぼう

コメント

タイトルとURLをコピーしました