アクセス0(ゼロ)!ブログの記事を書くのは「修行」である

ライティング
スポンサーリンク

フィルターの設定が効いてスパムを排除したらアクセス0に!

20日ほど前からこのブログは毎日記事を2〜3本投稿しています。

一時期、グーグルアナリティクスを見ると20〜30のアクセスがありました。

でも、それらはほとんどは海外からのアクセスです。

そう、スパムです。

グーグルアナリティクスのフィルターで海外からのアクセスを遮断しました。

そのほか、我が家のWiFiルーターのIPアドレスが勝手に変わっていて自分のアクセスが知らぬ間にカウントされていました。

IPアドレスは自宅にサーバでもない限り勝手にわかるときがあるそうです。

こちらもアナリティクスのフィルターで遮断!

これでアクセスしてくるのは正真正銘のユーザーのみです。

ある意味、「0(ゼロ)」は気持ちいい!

すると、見事にアクセスが0(ゼロ)になりました。

気持ちがいいくらいです。

数日に1度、オーガニック検索で正真正銘のユーザーがアクセスしてくれている気配はありますが、そういう希少な方は1週間にひとりかふたりです。

毎日、記事を2〜3本投稿をノルマとして自分にかけて実行していますが、観客のいないホールで誰もいないリングにあがってシャドウボクシングをしているような気分です。

個人が情報発信する時代だが、今は最大の読み手はじぶん!

すくなくともアクセスほぼ0(ゼロ)なのだから自分以外読み手はこの世に存在しないも同然です。

そういう意味で今現在、このブログの最大の読者は自分ということになります。

ブログのアクセスアップに必要な記事数は100本といわれています。

その壁を超えないと検索されてもほとんど表示しないようです。

反応が出始める100記事まで毎日書くのは修行である

何十本も記事を書いているのにアクセスがない・・・

と心が折れるブロガーも多いと思いますが、

毎日せっせと記事を書くのは修行だと思いましょう。

この100本ノックが終わったら、少し成長しているはずです。

100本は通過点にすぎません。

次は200本か・・・と今から絶望しないように。

記事の連続投稿は、いつか、大きな未来に行き着くはずですから。

まとめ

  • フィルターの設定が効いてスパムを排除したらアクセス0に!
  • ある意味、「0(ゼロ)」は気持ちいい!
  • 個人が情報発信する時代だが、今は最大の読み手はじぶん!
  • 反応が出始める100記事まで毎日書くのは修行である

コメント

タイトルとURLをコピーしました