ブログのライティング・スピードをあげろ

ライティング
スポンサーリンク

プロブロガーでないからこそ、ライティングのスピードにこだわろう

プロブロガーなら1日中、ブログのネタを考え、記事を書くことができますが、ほとんどの人は本業のかたわら、ほんの少しの自由時間で記事を書くことになります。

短い時間を有効に使うなら、まず、ライティングのスピードにこだわるべきです。

極端な話、クオリティは後でいいと思います。

プロではなくアマチュアだからこそ、ベテランではなくビギナーだからこそ、できるだけブログの記事を速く書くことをめざしましょう。

ブログは短距離走である

ブログの記事を書くのにみなさんはどれくらい時間をかけていますか?

このブログは20分を目標に書いてます。

写真などを選んでアップロードして公開して全部で30分というのが理想的です。

もちろん、もう少しかかる時もあります。

ただ、25日間で60本くらい記事を書いてきたので、

だんだん1本20分ペースで公開しています。

そういう意味では、記事を20分で書くというスタイルは

ハイスピードで駆け抜ける短距離走のイメージがあります。

今はスピードをあげることを目標としていて

正直、クオリティは後回しです。

時間があるときに、見直してクオリティアップをする予定。

ともかく、今は書くスピードをあげることに専念しています。

ブログは長距離走である

・・・と、いいながら、いきなり矛盾しますが、

ブログの記事を書くのは長距離走でもあります。

ブログは自分が「やめた!」と決めるまで続きますし、

毎日記事と書いて投稿するという意味では

長い道のりを走るマラソンに似ています。

ときどき、毎日書くのはつらい・・・

今日は書くべきネタがない、こまった・・・

という時もあります。

こういった悩みを解決できるのが

実は、20分ライティングです。

ある程度の速さで書ける!という自信がつくと

毎日書くのはつらい・・という気分は減少します。

書くべきネタがない時は考えることに時間がとられますが、

20分でかければ時間のロスをおさえられます。

ライティングスピードの向上がブログを前進させる

本業のかたわら、ブログの記事を書いている人は自由時間を有効活用するためにもライティング・スピードを高めることを目指しましょう。

その速度が短距離走者として、同時に、長距離走者として、ブログを前進させてくれます。

まとめ

  • プロブロガーでないからこそ、ライティングのスピードにこだわろう
  • ブログは短距離走である
  • ブログは長距離走である
  • ライティングスピードの向上がブログを前進させる

コメント

タイトルとURLをコピーしました