Kindleのハイライト機能があると電子書籍の書評を書くときに便利

ライティング
スポンサーリンク

書評を書くなら電子書籍が便利!?

最近、読書はデジタルとアナログの両方を使い分けています。

一時期、デジタルで読書する比率が高くなりました。

これはアナログ(紙に印刷された本)だと持ち歩きにかさばるためです。

デジタルならiPad一台ですみます。

何冊も本を持ち歩くことを考えたら、何百冊も一度に持ち歩けて数百グラムのiPadの方が楽ちんです。

でも、意識してアナログの本も読むようにしました。

デジタル読書ばかりだと目が疲れるからです。

それでも・・目が疲れようが電子書籍が便利だなと思う時があります。

それは書評を書く時です。

Kindleのハイライト機能が書評を書くときに役に立つ

書評を書くとき、デジタルの電子書籍の方が便利な理由は、

Kindleのハイライト機能があるからです。

Kindleのハイライト機能は、紙の本を読んでいて気になったところに付箋をはったり、赤ペンで印をつけられるように、電子書籍にマーキングできる機能です。

マーキングした箇所はiPadならkindleのメモで確認できます。

パソコンならこちらからログインできます。

本を読んで書評を書くとき、ハイライト機能がどういう風に便利かというと・・・

電子書籍を読んでいて「この文章はいいな!書評を書くとき使おう」と思ってもkindleからダイレクトに文章をコピーすることはできません。

ところが、ハイライト機能でマーキングした文章は、メモとハイライトで表示した状態だとその文章(=マーキングされた文章)はコピペできます。

著作権の侵害にならないように正しく引用しましょう

書評の際、文章を引用するときなど、このコピペができると、本を見ながらタイピングするよりも時間がかからず、また、打ち間違いによる誤字などの心配がなくなります。

もちろん、本から文章をコピペするときは、きちんと引用することが大事です。そうしないと著作権の侵害になるので気をつけましょう。

まとめ

  • 書評を書くなら電子書籍が便利。
  • Kindleのハイライト機能が書評を書くときに役に立ちます。
  • 著作権の侵害にならないように正しく引用しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました