cocoonのテーマ変更後、Google Adsenceの広告を表示させる

ハック
スポンサーリンク

cocoonにテーマ変更したら広告が消えていた

読み込み速度がメチャ遅くなっていたのでStinger PLUS2からcocoonにテーマを変更しました。そのことを「cocoonにテーマを変更。読み込みの高速化に成功!」という記事に書きました。

その記事にも書きましたがcocoonにテーマ変更したらGoogle Adsenceの広告が消えていました。早速、cocoonで広告を表示できるように設定しました。

cocoon導入を機に「広告ユニットごと」広告表示に切り替える

以前のテーマStinger PLUS2を使用するときに、すでにGoogle Adsenceに登録済みでした。なので、今回はGoogle AdsenceにアクセスしてAdSenseコードの取得をしました。

AdSenseコードは2タイプあります。「サイトごと」と「広告ユニットごと」です。これまでは「サイトごと」を使ってました。「サイトごと」だとどのタイプの広告をどこに表示するか、こちらは考えることなくGoogleが適当な場所に広告を表示してくれます。ただし、記事の上と下に大きな横長の広告がどーんと表示されることが多く、サイドバーに表示されるときもありましたが、下の方にレイアウトされるなど、少し広告表示の場所を調整したいなと思っていました。そこで、cocoon導入を機に「広告ユニットごと」広告表示に切り替えることにしました。

「広告ユニットごと」の「ディスプレイ広告」にする

「広告ユニットごと」は広告のタイプは「ディスプレイ広告」「インフィールド広告」「記事内広告」です。

「ディスプレイ広告」は、どこにでも表示できるように設計された万能で実用的な広告です。

「インフィールド広告」は、サイトのデザインに合わせてカスタマイズできる広告で、投稿とリスティングの間に表示する広告です。

「記事内広告」は、サイトに合わせてカスタマイズできる広告で、記事やコンテンツのページん表示される広告です。

今回は「ディスプレイ広告」を選択しました。これはどこにでも表示できる広告なので、自分で広告を表示される場所を選べます。

cocoonは広告の設定も超カンタンです

さて、ディスプレイ広告にきめたら、そのAdSenseコードをコピーします。

Stinger PLUS2などのテーマは、このコピーしたコードをテーマエディターからスタイルシートなどを開き、指定された場所(<head>〜</head>の間など)に直接ペーストする必要がありました。しかし、ccoonは「cocoon設定」を開き「広告」タブをクリック、アドセンス設定の広告コードの欄にペースト、「変更をまとめて変更」ボタンを押せば完了です。コードが苦手な人にとって#cocoonは広告の設定も超カンタンです。

「過度な広告」はNGなので自己責任で広告表示を行う

かつてGoogle AdSenceは広告表示は3つまでという時代がありました。今は過度でなければいくつでも広告を表示していいことになっています。Google は広告表示がいくつを超えると過度か明確な基準をだしていません。

このブログではcocoonのデフォルトの広告数とレイアウトを使用しています。

問題はないと思いますが、万が一、Googleに過度な広告と判断された場合はあくまでも自己責任として対応しなければなりません。みなさんも気をつけましょう。

まとめ

  • cocoonにテーマ変更をして広告が消えてしまった。
  • GoogleAdSenceのコードをコピーして再設定することにした。
  • これまでサイトごとの自動設定だったが今回はユニットごとのディスプレイ広告にした。
  • 広告表示場所を指摘でき、サイドバーなどにも広告表示されるようになり満足。

コメント

タイトルとURLをコピーしました