ライティング専用に購入するならコスパのいいiPadがオススメ。

ライティング
スポンサーリンク

iPadの購入を検討している人でどの機種を購入しようか迷っている方へ。

まず、iPadには「iPad Pro」「iPad Air」「「iPad 」「「iPad mini」というラインナップがあることを理解しましょう。

上位機種である「iPad Pro」は8万円代、最も安い「iPad 」は3万円代とスペックはもちろん、価格にも大きな違いがあります。

そこで、今回はライティング専用機としてiPadを購入するなら、どのラインナップがオススメかを解説します。

どのiPadがライティングマシンとしてオススメか?

iPad Pro

iPadラインナップの中でも最上位機種。

価格も8万円代、

ノートパソコンが追いつけないほどのスピード。

世界の見方を変えるProのカメラ。

タッチ、ペンシル、キーボード。そして、

これからはトラックパッドにも対応。

というApple公式ページの文章からも、

ノートパソコンにとって代わることが可能なハイスペックiPadであることがわかります。

iPad Proを一言でまとめるなら「動画編集などもプロユースで対応できるハイスペック機」といえるでしょう。

写真加工や動画編集をしたいなら必要なiPadですが、、ライティングマシンとして使うにはハイスペックすぎると言えます。

iPad Air

PCのように複数のアプリを同時に使用できるのがiPad Airの特徴です。

iPad Proに比べるとプロユースとして使うほどではありませんが、日常、ゲームやアプリを楽しむには十分すぎるほどのスペックです。

もし、文章を書きながらゲームを楽しみたいならiPad Proはオススメですが、ライティングをメインにiPadの購入を検討しているなら高い買い物になります。

iPad

iPadの特徴は、ともかくコスパがいいこと。

価格がWi-fi版で3万円代というのが魅力です。

第6世代からApple Pencilにも対応しています。

つまり、キーボード入力のほか、Apple Pencilにによる手書き入力も可能です。

また、第七世代のiPadからフルサイズのSmart Keyboardを取り付けもできるようになり、文字入力の幅がさらに広がりました。

ライティング専用機としてiPadの購入を検討している方に価格と文字入力スペックの面でオススメの一台です。

iPad mini

7.9インチのディスプレイ、300グラムの軽さ、6.1ミリの薄さが魅力のiPad mini。

Smart Keyboardには対応していません。

価格はWiFi版で4万円代とiPadに比べるとお高めです。

ライティングマシンと使う場合、取材などで外出先での使用が多く、ともかく薄くて軽いiPadを求めている方にはオススメです。

iPadに比べてディスプレイが小さいので文字が見づらい、書き込みづらいという可能性があります。

ライティングマシンとして購入を検討する場合、価格とディスプレイサイズ、軽さ、薄さなどをテンビンにかけて検討しましょう。

まとめ

結論からいいますと、iPad第6世代か第7世代が価格の安さ、文字入力の豊富さからライティングマシンとしておすすめです。

ただしiPad第6世代はフルサイズのSmart Keyboardに対応していないのでご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました